ドレッシングの商品化!OEMの事例・オリジナルドレッシングやソース販売の注意点(分量・保健所の許可・保管の基本)

ドレッシングを商品化する際は、確かな技術で理想の味を再現できる株式会社門井商店にお任せください。OEMにおける商品の開発から販売までをフルサポートいたします。

お店で人気のドレッシングを商品化して販売したいと思っても、何から始めればよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

この記事では、身近なOEM事例や、ドレッシングやソースを商品化して販売する際の注意点について紹介いたしますので、ドレッシングなどの商品化を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

OEMの事例

case

OEM商品は身近なところでも見ることができます。ここでは、身近なOEMの事例を3つ紹介します。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアで見られるようになったプライベートブランド商品の多くが、OEMによって製造されています。表示を確認して販売メーカーと製造メーカーが異なっていれば、OEM製品と判断することができます。

自動車

自動車業界はいち早くOEMを取り入れており、特に軽自動車を多く生産しています。OEMにより外観は違うものの、内装や設備は同じという車も存在します。

自動車をOEM製造するメリットとしては、生産や開発にかかるコストが削減できることはもちろん、販売台数が向上すること、ロイヤリティが委託側と受託側の双方に生まれることなどが挙げられます。

スマートフォン

実はスマートフォンやタブレットなども、OEMによって製造されています。iPhoneやiPadもApple社ではなく、OEMメーカーが製造しているのです。

株式会社門井商店では、ドレッシングをはじめとした調味料のOEM開発・生産を得意としております。小ロットから対応可能で、容器・容量もご要望にお応えいたします。

OEMによるドレッシングの商品化をお考えの場合は、ぜひ株式会社門井商店にご依頼ください。

ドレッシングやソースを販売する際に気を付けることその1「使用方法や分量」

selling

お客様はお店の味を求めてドレッシングやソースを購入するので、使用方法や分量についてはできるだけ丁寧に伝えることが大切です。使用方法や分量を正確に伝えないと「お店の味と違う」と感じ、イメージダウンにつながってしまいます。

使用方法については、相性のいい食材や適した調理方法などを記載しましょう。分量については、1回に使う量の目安がわかるように記載します。

また、アレンジレシピなどを紹介すると料理の幅が広がるため、お客様に喜ばれます。会社としても、使用頻度が高くなればまた購入してもらえる可能性があるので、アレンジレシピを考案して紹介することをおすすめします。

ドレッシングやソースを販売する際に気を付けることその2「保健所の製造許可」

保健所の許可を得ることは、ドレッシングやソースを商品化して販売する際にもっとも重要なことです。

経営する飲食店で提供しているドレッシングやソースを自社で製造して販売する場合、今持っている許可がドレッシングやソースの製造を認めているかどうかを確認する必要があります。許可がなければ保健所に認められていないため、製造することができません。

新たに許可を得るためには時間がかかるため、ドレッシングやソースの商品化をすでに進めている場合は、販売時期を遅らせるか、OEMで製造するなどの対応が必要になります。

スムーズに販売できるよう、事前に保健所の許可についても確認しましょう。

ドレッシングやソースを販売する際に気を付けることその3「保管方法」

ドレッシングやソースを商品化する際は、お店の味をできるだけ長く維持してもらうため、保管方法についての注意書きが必要になります。この時に考えるのは、あくまでも家庭用の冷蔵庫で保管し使用するという点です。

家庭用の冷蔵庫は業務用の冷蔵庫ほど保冷が効かず、使用方法も人によって異なります。そのため、「開封後は10度以下で保管」「ドアポケットや野菜室での保管はNG」など、より具体的に伝えることが大切です。

また、ドレッシングやソースの製造の時点で、一般家庭で保管・製造することを念頭において、気温や湿度に影響されにくい商品を作ることも重要になります。

株式会社門井商店では、お店で人気のドレッシングも賞味期限を意識しつつ、オリジナルに近い味で商品化することが可能です。ドレッシングを販売する際に準備するべきことや、ラベルに載せるべき表示項目についてもアドバイスさせていただきます。お店オリジナルのドレッシングなどの販売をお考えでしたら、ぜひ株式会社門井商店にご相談ください。

ドレッシングの商品化なら確かな技術でお店の味を再現できる株式会社門井商店へ!

ドレッシングをOEMで商品化するなら、確かな腕でお店の味を正確に再現できるメーカーを選びましょう。

株式会社門井商店では、ドレッシングや調味料のOEM製造・開発を得意としております。これまでに数々の商品を生み出した実績があります。また、OEMメーカーとして、ドレッシングの開発から商品化・販売までフォローいたしますので、安心してご依頼いただけます。

ドレッシングの商品化をお考えでしたら、ぜひ株式会社門井商店にお声がけください。

ドレッシングの商品化をお考えの方は株式会社門井商店へ

会社名 株式会社門井商店
代表者 代表取締役 門井 俊
住所 〒721-0961 広島県福山市明神町1丁目4−15
TEL 084-932-1513
FAX 084-926-0160
E-mail info@kado-e.co.jp
URL https://www.kado-e.co.jp/
営業時間 9:00〜18:00(FAXは24時間受け付けております。)
定休日 ⼟⽇祝⽇休み
業務内容 調味料等製造業、食品原料販売
主なお取引先
  • アサヒグループ食品(株)
  • オタフクソース(株)
アクセス JR福山駅より車で10分、JR東福山駅より徒歩20分、福山東インターより車で10分

TOP